最近読んだ本
IMG_NEW名寄むかしむかし
名寄の開拓史のお話

●飛行機がピヤシリをこえた
●名寄岩 静男
●赤マントの名物男
●北風磯吉と金鵄勲章
●日本一のならのうつろ木
●太子堂と聖徳太子像
●よとう虫の大群
●スーポロの険
●笹やぶガサガサ
●ちょうちんの灯
●名寄鈴石と名寄高師小僧
●ゴム長ぐつはぜいたく品
●熊よりこわいもの
●ムックリは歌う
●ギターにかけた命
●雨竜山脈をこえて
●ミンクのいのり
●名寄の遺跡

名寄開拓史のお話ではありますが、
下川町上名寄地域のお話も書かれております。

発刊は昭和60年
名寄青年会議所の方々が情報収集をされ発刊をされたそうです。

編集後記から、

私達が一番心配なのは、『心の過疎化』21世紀を担う子ども達が、自分達のマチはもうだめだ!札幌・東京へ行かなければと思う心です。
私達のマチから何かを掘り出そうという気概がある限り、マチは活性化されます・・・(中略)。
郷土の歴史を知り、郷土愛に満ちた人になって欲しいと思います。