稼げる主夫

ライフワークバランス生活(妻・子ども2人の4人家族) 稼げる主夫を目指しています 南 邦彦 北大公共政策教育部公共政策大学院卒 1975年2月4日生まれ札幌市出身血液型B型 動物占い ゾウ

June 2013

高等技能訓練促進費と技能習得資金

高等技能訓練促進費(生活給付金)
技能習得資金(学費貸付金)

私が、
この2つの制度を知ったのは、平成22年9月のことでした。

当時、
高等技能訓練促進費(生活給付金)は月額14.1万円。
技能習得資金(貸付金)は保証人を立てると無利子。

私は、
全額学費をねん出しながら大学院へ通った経験から、社会人が学べる環境、学び直しの必要性は感じていました。

シングルマザーへ限られますが、
2つの制度を活用することで多くの人が学べる!と制度との出会いに感激しました✨

2つの制度を案内する中で制度が利用出来なかった、入学出来た、入学出来たが退学することになった人、など様々です。

今回、平成23年度入学生が就職内定を頂きました✨自立へ一歩近づきました。

しかし、2つの制度を利用するも学費が納入出来ず、そして連絡も取れず除籍としなくてはいけないケースもあります。

その際には、資格は得られず貸付金はそのまま借金となってしまいます。

学費貸付を行う行政窓口と学費納入先である学校とは連絡のやり取りは無く、あくまで制度を利用する学生が貸付金は学費納入するものとされています。

それら学費納入を確認する窓口担当者もいれば、確認をしない窓口担当者もいます。



本来、貸付金は学費として納入するために貸付申請をするも、生活が苦しく生活費などへ利用した為、学費納入することが出来ず、学費納入が無い為に在籍証明が得られず、結果、高等技能訓練促進費の給付も止まってしまう。


大変残念ですが、
様々な制度を利用したとしても入学することが出来た学生全員が卒業することは難しいのが現状です。

来年には平成23年度入学生 100名が卒業します✨

「教育は祈りである」という言葉がありますが、退学することになった学生も含めて、母子共に元気で過ごして欲しいと祈るのみです。





福祉・介護の人材確保・定着「職場体験事業」について、
北海道 社会福祉協議会を訪ねて来ました。


こども學舎の学生の中で児童養護施設を訪問したい、
実習をしたいなどの相談を受け、施設側へ依頼をするも現場では限られた人数で業務を行っていることなどから、お断りをされるケースがありました。


今回、福祉・介護の人材確保・定着「職場体験事業」がある事を知り、担当窓口を訪問した所、担当部長・課長さんが対応して頂きました。

制度の概要として、道 社会福祉協議会が学生と施設とのマッチングを行い、1日職場体験を実施した施設へ5.920円が支払れることとなっており現場への負担が軽減されるとなっています。

お話の中で、
「ぜひ、本制度を利利用して下さい」とのことで学生へ良い報告が出来そうです。

ちなみに昨年度は700回程度の利用があったそうです。

また、
保育士養成施設を卒業後の進路では保育所が主で施設を希望する学生が少ないとのことでした。
ある養成校では卒業後の進路として保育所勤務は90%以上、施設勤務は10%未満と大きな偏りがあるそうです。

こども學舎の学生の中には、卒業後の進路として施設を希望する学生も多く、7割の学生が保育実習掘併楡漾砲鯀択しています。










http://www.dosyakyo.or.jp/jinzai/guide.html



無題















児童家庭福祉の授業の中で待機児童問題について学生とディスカッションを行いました。

学生の中で、札幌市 保育ニーズコーディネーター(コンシェルジュ)事業について興味を持ち、担当者へヒアリングした内容の発表がありました。



新聞記事では、
待機児童の多い3区役所に「保育ニーズコーディネーター」を配置し、きめ細やかな情報を提供するとありますが、ヒアリングをした内容では、具体的な設置方法については決まっていないとのことでした。

本制度概要に期待、興味を持っていた学生たちは何も決まっていないことへガッカリした様子でした。

内容をこれから詰めて行くとのことでしたので、今後も授業の中で学生たちと調査研究をまとめ、パブリックコメントなどを通して札幌市へ政策提案をいたします。



以下新聞記事
待機児童:札幌市「2年後ゼロ」 今春398人、コーディネーター配置
毎日新聞 2013年05月22日 北海道朝刊

 全国の自治体の中で待機児童数が多い札幌市は21日、4月1日現在の待機数が昨年より531人少ない398人となり、2015年度初めの待機児童ゼロを目指すと発表した。10月からは、3年間で待機ゼロを実現した横浜市の保育コンシェルジュ制度にならい、待機児童の多い3区役所に「保育ニーズコーディネーター」を配置し、きめ細やかな情報を提供する。

 札幌市の待機児童数は昨年4月、全国の市町村でワースト2位の929人で、同10月は1496人で3位だった。今春、待機児童家庭の実態を調べたところ、親がインターネットを使って自宅で求職活動をしているケースなど、国が示す待機児童の要件に当たらない児童が215人いた。

 また今年4月、市内231保育所に2万3413人が入所申し込みをしたが、入所できなかった1111人のうち、保育士の資格を持つ「保育ママ」宅で少人数保育をするなど、市独自の施策で保育している▽特定の保育所だけを希望して入所していない−−ケース計498人も待機児童に含まれず、保育所の定員拡大による減少と合わせて昨年より大幅に減った。上田文雄市長は「待機児童のミスマッチをコーディネーター機能で解消し、待機児童解消を加速化する国のプランも積極活用したい」としている。【平野美紀】

様々な方のお力を借りて、生活保護費受給者への保育士修学の可能性を模索して来ました。

対象となる方は多くいたものの実際に学ぶことが出来たのは数名です。

様々な制度を組み合わせる必要があり、各制度の担当者との調整を利用者、自ら行うことが多く、複雑な手続きで疲れてしまい、自立することをあきらめてしまうケースが多々ありました。

担当部、課の方と政策の擦り合わせをしても窓口には反映されていないケースもあり、結局は個別の案件との事情で制度利用出来なく悔しい思いをして来ました。

今回、保育士修学貸付金(160万円 一定期間保育現場就業により返済不要)の利用は生活保護費を受給している世帯が優先されることとなりました。

今までのように制度が出来たからといって簡単に申請し受給できるものでは無いと思いますが、制度の選択肢が増えることで利用者も増えるのではないかと感じています。


札幌市内の生活保護費受給 母子家庭世帯は約5000世帯。

子どもが小さくて働けず生活保護費を受給しているケースなどでは、様々な制度を利用させてもらい、2年ないし3年修学することで、卒業時にはお子さんも大きくなり、本人も資格取得した中で自立へ近づける道があるのではと思っております。

ぜひ、
多くの方のお力添え、ご指導をお願いいたします。



全国保育士養成協議会 総会へ出席して来ました。(496施設)

6/8月 13:00〜 東京ビッグサイト

総会前に厚生労働省 雇用均等・児童家庭局保育課 課長 橋本 泰宏さんから、
●待機児童解消加速化プラン
●子ども、子育て会議について
●幼稚園教諭免許状を有する者の保育士資格取得特例について

詳細な説明がありました。

総会がはじまり、保育士試験は全国保育士養成協議会が実施しており審議過程の中で保育士試験について議論がなされました。

平成24年度保育士試験
全国
受験者数 52.257名
合格者数 9.726名
合格率 18.6%

北海道
受験者数1.391名
合格者数 247名
合格率 17.8%


保育士試験問題が難し過ぎるのではないか。
現職の幼稚園教諭がトライしても取得まで2-3年かかる。など各地の現況が報告されました。

保育士養成施設は、
保育の質の維持、向上と、
資格取得の特例など含めた有資格者増へ向けた施策への対応が求められていると感じました。

画像1


指定保育士養成施設 卒業者数
H23年度 36.346人

保育所への就職 18.618人 51.2%
児童福祉施設 1.161 人 3.2%
児童事業 837人 2.3%
知障者施設 996人 2.7%
身障者施設 184人 0.5%
老人施設 369人 1.0%
幼稚園 8.074人 22.2%
その他 6.107人 16.8%


高等技能訓練促進費 申請の際には、卒業後の就職についてヒアリングがあります。

一般的には、保育士資格取得=保育所、幼稚園への就職と考えられていますが、絶対数は少ないですが、施設関連へに就職する学生もおります。

厚生労働省HP 高等技能訓練促進費 要綱で高等技能訓練促進費 利用希望者へは他の制度利用についても案内するよう追記されております。

本来、資格取得への学費は学生がねん出する必要がありますが、現場で働く保育士不足の状況もあり、高等技能訓練促進費による資格取得支援、返済不要の国の助成金制度があります。対象:シングルマザー シングルファザー

●返済不要
高等技能訓練促進費(生活費)
月額10万円 2年間 240万円

●返済
技能習得資金(学費)
金利0%


今まで高等技能訓練促進費と技能習得資金を利用する学生が多くおりましたが、今年度より保育士修学貸付金を希望する学生が増えております。

保育士修学貸付金は卒業後一定期間、福祉分野で就業することで貸付金の返済が免除となる制度です。

●A返済不要(シングルマザー ファザー)
高等技能訓練促進費(生活費)
月額10万円 2年間 240万円

●B返済不要(福祉分野で一定期間就業)
保育士修学貸付金
160万円

A➕B=400万円

制度を利用することで、今まで資格取得を諦めていた人も学べる環境が整いつつあります。

保育士修学貸付金については、6月定例道議会で審議された後に予算化、各保育士養成施設へ対象者数の通知となる予定です。

【厚生労働省HP 高等技能訓練促進費 要綱より】

 高等技能訓練促進費等事業の実施について
1  支給に係る留意事項について
(1)  求職者支援制度における職業訓練受講給付金や雇用保険法第24条に定める訓練延長給付等、高等技能訓練促進費等事業と趣旨を同じくする給付を受けている場合は、高等技能訓練促進費等事業の対象とならないこと。
(2)  事前相談の際には、相談者の生活設計等を踏まえ、高等技能訓練促進費等事業の利用の可否についての相談のみならず、他の給付制度や一定の要件を備えれば償還免除となる貸付制度等の活用についても説明したうえで、相談者の意思を確認すること。
 なお、具体的な他制度(対象資格)の例としては、求職者支援制度(保育士及び介護福祉士)や、制度の趣旨は高等技能訓練促進費等事業と異なるものではあるが、保育士修学資金貸付事業(保育士)、介護福祉士等修学資金貸付制度(介護福祉士)、地方自治体が独自に実施している看護師等に係る修学資金の貸付(看護師及び准看護師)などが想定される。
(3)  過去に高等技能訓練促進費の給付を受けた者には支給しないこととするため、受給要件の審査にあたっては、過去の受給の有無について確認すること。
(4)  都道府県等は高等技能訓練促進費の支給を受けている対象者並びに支給期間の上限を超えて修業を継続している者の在籍、単位の修得、進級、修了、資格取得、就職等の状況の把握に努めること。
(5)  夏期休暇等年間カリキュラムに組み込まれている事由以外により、月の初日から末日まで1日も出席しなかった月がある場合は、当該月については支給しないこと。ただし、高等技能訓練促進費の支給を受けて養成機関に修業している者が休学したときの取扱いについては、(6)によること。
(6)  高等技能訓練促進費の支給を受けて養成機関に修業している者が休学したときの取扱いについては、次のとおりとすること。
  ア  高等技能訓練促進費の支給を受けて養成機関に修業している者が休学したときは、その休学を始めた日の属する月の翌月(休学を始めた日が月の初日の場合は、その日の属する月)から、復学の日の属する月の前月(復学の日が月の末日である場合は、その日の属する月)までの間につき、高等技能訓練促進費を支給しないこと。
  イ  休学した者が復学した場合には、受給資格等の支給要件を確認の上、高等技能訓練促進費の支給を再開することができる。この場合において、休学により高等技能訓練促進費を支給しなかった期間は、母子及び寡婦福祉法施行令第30条第4項の規定に定める「修業する期間」に含めないものとする。
(7)  通信教育によるものは、通学制を原則とする観点から、養成機関が遠隔地にあるため通学が困難な場合等、特にやむを得ない場合に限ること。ただし、平成24年3月31日までに修業を開始した者については、この限りではない。

2  周知、広報に係る留意事項
 養成機関は毎年4月に開講することが多いことから、事前に養成機関に必要な情報提供を行うこと。

このページのトップヘ