稼げる主夫

ライフワークバランス生活(妻・子ども2人の4人家族) 稼げる主夫を目指しています 南 邦彦 北大公共政策教育部公共政策大学院卒 1975年2月4日生まれ札幌市出身血液型B型 動物占い ゾウ

April 2008

北☆北海道のゴールデンウィークは、
まだまだ寒い、
サマータイムが検討をされているが、
北海道のゴールデンウィークを1ヶ月ずらすことが出来ないものか?
道州制の中でも、
地域にあった祝日を検討するべきではないだろうか!?

DSCN5102下川町の温度計 0度






kouku

公区 班長会議に出席

 

 

 

hanntyou班長会議の様子

 

 

 

uma下川町 三の橋 及川さんの馬

 

 

 

uma2

 

 

 

 

123

下川町 桜ヶ丘公園の様子
パークゴルフに人が集まっていました。

 

 

 

ゴールデンウィーク期間中の人の動きは!?
・下川町から町外へ、
・町外から下川町内へ、
どちらの総数が多いのだろうか?

 

 

 

 

 





 

za下川町市街地、
残雪も、わずかになりました。

 


今日は、ある方と久しぶりにお話をする、
お話の中から、
地域社会の中で、
いろんな矛盾など感じることも多々あるかも知れないが、
それはそれとして前向きに!?と想えるようになりました。

町の発展のために、
今の立場から、
存分に力を発揮してほしいと願う。

佐藤優 国家の罠から。
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫 さ 62-1)

旧約聖書「コヘレトの言葉(伝道の書)」第9章11-12節。
 太陽の下、再び私は見た。足の速い者が競争に、強い者が戦いに必ずしも勝つとはいえない。
 知恵があるといってパンにありつくのでも聡明だからといって富を得るのでも知識があるといって好意をもたれるのでもない。
 時と機会はだれにも臨むが人間がその時を知らないだけだ。
 魚が運悪く網にかかったり鳥が罠にかかったりするように人間も突然不運に見舞われ、罠にかかる

103e8501.gif

が23日(水)OPEN。
延べ床面積2万9千5百屐8923坪)。

OPEN前の忙しい中、
粟津店長さんとお話をする機会を得た。
地元名寄周辺地域からの、
旭川・札幌への購買力流出は、年間約60億円。
その60億円を名寄ポスフールで消費をしてもらう計画。

雇用数は約700名。

旭川・札幌へ行かなくても、
商品が揃う、購入できるような品揃えを目指している。

魚については、日本海・オホーツク海の魚を毎日仕入れて販売、
洋服売り場については、女性の大きめのサイズや帽子の品揃えを整え、
化粧品売り場では、個室でメークを試すコーナーを設け、
フードコートは250席のゆったりした空間、
子供が楽しめるゲームコーナー、
授乳コーナー、
お年寄りが買い物中に休めるコーナー、
ある一定金額をしてポイントが貯まった方が、
入られるサロンまである。
2.000円以上のお買い物の方には、
名寄市、近隣市町村まで、
宅配もするなど、
様々な点に注意を払っている。

そのアイディアの源泉は、
地元住民からの、
1.000名ヒアリングだったと言う。

ヒアリングの中には、
学校の制服・ジャージ販売に関する、
既得権益に対する疑問なども寄せられていた。

循環バスについても、
名寄市と調整中とのことだったが、
デマンド交通についても、
すでに検討中とのことだった。

イエローレシートキャンペーンという企画があり、
毎月11日は、お買い物をした後に出る、
レシートが、イエローレシートとなり、
イエローレシートを入れるBOXがあり、
BOXには、
地域団体の名前がついている、

レシートを入れると、
お買い物をした金額の1%が地域団体に寄付できる企画となっている。

たとえば、5.000円 お買い物をすると、
50円が団体へ寄付され、
団体は、その金額分を好きな商品で頂ける。

%法、1%寄付条例とほぼ同じ内容である。
1%寄付条例は、官が民と民の協働を促す仕組みに対して、

ポスフールのイエローレシートキャンペーンは、
店舗(民)が民と民の協働を促す仕組み。

団体は、
名寄市のみならず、
下川町の団体もノミネートをされる予定。

ポスフール出店、
良い面もあるが、
地元商店街の衰退や、
更には地域イベント集客への影響などもあるだろう。

ポスフール進出は賛否が分かれるが、

どちらにしても、
地元にとっては、
大きな変化になるに違いは無い。

OPENした以上は、
地元の活性化の1つとして捉えることも必要なのでは無いかと思う。














余市町 吉田ひろかず議員から、
ひろかずニュース No35 No36が届きました。


1
パッと見は、
行政発行の広報誌。




2これからの町の財政は!?
余市町の財政プラン





3予算委員会と本会議採決の結果

給与・報酬の削減




4後期高齢者医療制度がスタート






議案に対して、議員、自らの意見を述べる
【討論】
後期高齢者医療制度について、
吉田ひろかず議員が自らの考えを述べた、
全文(約5000字)が掲載がされています。
5
一般質問
『新しい高校について』
Q&Aが詳細にわたり掲載をされています、
さらに、
今後の高校の流れ(高校適正配置計画)
について掲載。


町議会議員で、
ここまで詳細に議会の様子を、
情報発信をされている方はいないと思う、

議会は、一定のルールがあり運営をされており、
そのルールが、住民から見ると堅苦しく、わかりづらいモノとイメージされている。


選挙で選ばれて議員となり、住みやすい町をつくる熱意に燃えながらも、会議の進め方、議会運営の手続き、予算書の見方、眼のつける所などが、議会のルールに戸惑い、せっかくの議員の能力が、議会活動に生かされず、住民の期待に沿うことが出来ない状況が、多々あるのでは無いかと感じている。

過去の町村議会であれば、会派事に勉強会等で先輩議員から教えてもらうなどが出来た。
議員定数減の現況では、1議員を育てる余裕も無く、当選後、即戦力へ・・・。
どこもそのような状況では無いかと思う。



今、地方議会が批判されている理由は、
―嗣荏澗里梁緝修箸靴討竜’修鮟淑に果たしていない?
一部住民の利害に目が奪われており、調整が出来ていない?
5腸颪亮詑屬鮟嗣韻棒気靴知らせ、理解を求めていない?
に棆餤弔セレモニー化、実質的政策論議が住民に理解されていない?
ソ嗣韻里燭瓩寮策を議会自ら立案する機能が十分発揮されていない?
住民との触れ合いの努力が不十分?
などが挙げられている。

どれも、議会議員の行動で解決が出来る内容だ、

どこの町にも、
お手本となる先輩議員はいらっしゃるかと思いますが、
余市町、吉田ひろかず議員の活動から、見習う点はたくさんあります。


V




発芽今年は、
家の庭で、
とまと栽培に挑戦、
現在、
タネから育てています、

発芽をしたところです。

市街地下川町錦町市街地)

 

 

 

錦町総会

錦町公区総会に出席
(下川町は町内会では無く、
公区制度を採用しています)

地域担当職員の方々も参加をされ、
後期高齢者医療、
特定健診の義務化、などについて情報提供、
住民の方々からも、質問などが出されておりました。

下川町では、
後期高齢者医療について、TV報道のような混乱!?は無いようでした。

公区総会・行事に若い人も参加しやすい雰囲気ができればと感じました。

青年部総会
下川町商工会青年部定期総会
現在 19名の部員で活動中

青年部の活動を通して、
下川町を更に発展させよう!
札幌などの大きな街では、
なかなか出来ない活動です。

3月末までの会社の決算(8期目)をはじまる、
と言っても、ほぼ会社のカタチを呈していないので、
少しのお金の動きを入力をするだけとなった。

入力作業をしながら、
失敗=経験
良い経験をさせてもらったな〜と感じる。

ぎょうじゃにんにく

 

行者にんにくの写真
ちょうど食べごろ!?



ゆうひ下川町市街地から見た夕日
道路には少し残雪があるところも、
あります。

 

 

あおさぎアオサギ


名寄新聞記事

1d9b2323.jpg

国会の解散はいつか?
マスメディアをにぎわせている。

国会解散はいつか?
率直に、
ある方に聞いて見た。

福田首相はシブトイぞ。
福田首相のキモチとしては、
安倍元首相(366日)よりも在任期間を長くしたいのでは!?というお話だった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
そうなると、秋・もしくは冬!?

妙に説得力のある、
お話だった。



991f18aa.jpg先月の打ち合わせから、
とうとうカタチになって来ました。
そしてチラシ配布スタート。

メッセンジャー 杉浦 貴之
5/28(木)昼の部15:00 夜の部19:00
札幌市南11西7 チキでき 
チキューのためにできること
011-552-3729
前売2.000円 当日2.300円





杉浦 貴之
1971年5月29日、愛知県西尾市生。
1999年10月1日、28歳にして、がんを宣告され、即手術。化学療法2クール。
両親には余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」と告げられた・・・。 


2007年5月13日、NHK「つながるテレビ@ヒューマン」出演。
g

 

 

やっとパソコンが届きました・・・。
1週間の間に起きた出来事を、
ランダムに写真で紹介いたします。

1週間前の下川は、雪が降りました。
ゆき5

 

 

 

ゆき4

下川町役場

 

 

 

ゆき

 

下川市街地

 

 

北見2

 

雪の中、
下川→北見へ行き、
焼肉を食べに・・・。

 

北見

ホルモン2人前

 

 

北見3

部屋の中で、炭火、
換気扇がフル回転で、
外で焼肉をしているか?のような感覚でした。
4人で食べて飲んで5000円は安い。

北見→下川へ。

 

 

 

やま2

 

山に登って見ました。

 

 

 

 

しか

シカの糞

 

 

 

ふくじゅそう

福寿草、

 



 

しゅざい

 

名寄新聞、小峰記者を逆取材、

 

 

やきにく

下川の焼肉店、
1週間限定、
若夫婦が経営中、
突撃訪問。

 

 

マリー

マリーゴールドを植えて見ました、
3日目に発芽。

 

 

きばん

下川町一の橋 倉庫に、
パチンコ台が数百台、
運ばれて来ました。

 

 

きばん2

障害者の自立支援、
パチンコ台などを分解をして、
リサイクル作業をして、
自立支援へ。

一時預かり場所として、
一の橋の倉庫を活用することに。

このページのトップヘ