稼げる主夫

ライフワークバランス生活(妻・子ども2人の4人家族) 稼げる主夫を目指しています 南 邦彦 北大公共政策教育部公共政策大学院卒 1975年2月4日生まれ札幌市出身血液型B型 動物占い ゾウ

August 2006

http://homepage2.nifty.com/greenseed21/
の勉強会へ参加
グリーンシードで多くの仲間と出会うことが出来た・・・

江別の知り合いから江別市立病院の問題について
情報をもらう 
地域住民の方に話しをしたが・・・
あまり意識をしていないようだった

今朝 夢を見る
下川町議会議員が集まり
議員定数を議論しているところだった・・・
空間的には、野外でキャンプをしながら
自由な議論の場だった
そこに役場の管理職の方々も参加し
いろいろな問題提起をしてくれた
下川の政治的な部分をどこで議論するべきか?
議会事務局は何をするところか?
などなどみんな 熱く語っていた・・・・

a149325e.JPG

経済産業省の調査事業があり、
友人から手伝ってほしいとの連絡が来る〜
それらの申請資料などを目を通しながら、
07年問題 団塊の世代の退職に伴い、女性や高齢者の社会参加 進出を進めていく仕組みつくりが急務となって来ている・・・
働く=WORK JOBがある・・・
下川の様々な事例もきっと取り上げられる 取り上げてもらえるように
また 起業化促進奨励化事業の宣伝をする
調査方法、成果物の提案等々プレゼンは4日行われる

今週中にレポートが3つ・・・
授業でインプットするのはいいんだけど
レポートでアウトプットするのはかなり厳しいな〜
(写真 うどんまつりテント内の様子)

弟の店を手伝った 1200杯のうどんを提供しました
生うどんを使用・・・
最後の最後 うどんのゆで時間が間に合わず
お客様を待たせてしまった・・・
もっと効率的に進めないと

東京のイベントやデパートなどで
催事をしたらアウトだった

うどんをゆでながら いろんな人と話す機会があった
定数の問題が一番多く声を掛けられた
ついで病院 高校
皆さん新聞等を読み 気にかけているようだった

問題が名寄新聞に掲載され 町内で声をかけていただけるようになった、自分は8人を〜と話す そう言った話しが出来る環境が広がった

午前中 自ら経営するマッサージショップへ行き、
ミーティング そしてマッサージをしてもらい体調を整える
次に大学へ行き、来週からの集中講義の準備・・・
道庁近くを通ると駒大苫小牧 凱旋イベントの準備中だった

名寄新聞に議員定数の動きが書かれていた
11日に再度 委員会を実施する6fdfd16d.JPG

下川町議会の定数
正副議長らがたたき台示す

 【下川】第十七回町議会自主自立ふるさとづくり
特別委員会(委員長・谷一之副議長)が、このほど、
町役場で開かれ、議員定数の削減問題を協議。
正副議長らから「町の自立、一歩踏み込んだ
議会改革のため、現行の定数十二人を四人削減し
八人に」との案が示された。しかし、結論は持ち越し。
九月中旬、再度、特別委を開いて結論を出すことになった。
 自主自立特別委は、市町村合併問題で下川町が
「当分の間、合併はしない」との方針を決定した
直後の平成十六年五月、臨時議会で設置された。
議長を除く全議員による構成。高橋巌議長も
オブザーバーとして毎回、参加している。
 七月の第十六回特別委では全委員が一人一人意見を
発表。
その結果、「正副議長と特別委正副委員長
(議長、副議長、金澤博特別委副委員長の三氏)
にたたき台となる取りまとめ案を」とのことに落ち着いた。
 このほど開かれた特別委の席上、
谷委員長が三氏による検討結果として
「町の自主自立のため、また、一歩踏み込んだ
議会改革が必要との判断から議員定数を四人削減、
八人とするのが適当との判断に至った」と報告した。
 これまでの同委員会では、「一人削減」「二人削減」
「三人削減」などの意見があったが、「四人削減」
にはやや戸惑いも。結局、最終結論は九月十一日午後一時半
から開く第十八回特別委で決定することになった。
 結論が出ると条例を改正の上、
来春四月に行われる議会議員選挙から適用される。

cf6e7d21.jpg

橋詰広報特別委員長 谷副議長 高原委員 南
市田主査 計5名が参加
各町村全体では243名が参加
23日には181名が参加予定

記事40% 見出し20% 写真20% 余白20%
など様々なアドバイスを頂く
更に滝上町さんの議会だよりをチェックしながら、具体的にアドバイスを頂いた
10:30スタート
昼食をはさみ
15:00頃終了

時間があったので、道議会を訪問しました
アポなしの訪問でしたが〜
高原議員の名刺1枚でどうぞ〜と案内をして頂きました!

 

26日27日うどんまつり28日29日30日31日大学院、集中講義NPO経営 今月も終わりだなぁ

北海道第2水産ビル 議会広報研修会へ参加広報プランナー 和田 雅之氏 「議会報づくりの基本と疑問」

17回目の特別委員会・・・
議員定数について
再度 議論を行う
住民の方とは、議論をしていたが、
そう言えば議員とは懇談をしていなかった・・・
失敗したな〜と感じる

12名から 何名 減とするか?
議論をする
意見の一致まで至らなかったが・・・
多くの参考になる意見があった
9月定例会での報告を目指し 再検討へ

議論の後、
議員定数について、
自分とは違う意見のある議員の方の所を訪問し、
病院・高校の件など含めながら
意見 アドバイスを頂く

その後、2名の町民の方と再度 自分の考えを伝え、
アドバイスを頂いた

副作用の無い政策は無い!
何名にしようが、様々な意見が出ると思う
多様な意見をまとめること=リーダーシップ



このページのトップヘ