稼げる主夫

ライフワークバランス生活(妻・子ども2人の4人家族) 稼げる主夫を目指しています 南 邦彦 北大公共政策教育部公共政策大学院卒 1975年2月4日生まれ札幌市出身血液型B型 動物占い ゾウ

July 2006

7月は講演いくつしたかな〜5つ!?(千歳・ニセコ・岩見沢・小樽・江別)
大学院へ通う レポートも3つ
イベント主催3つ
町内のイベントもいろいろあった
カルチャーウィークエンド・自治フォーラム・世代交流・・・
議会も当然あった 議員定数 政務調査 
広報委員会・・・
でも、体調を崩して倒れているわけでもなく、元気に生きている
楽しい

下川に移住したときは、何にもすることが無かった
役割 仕事が無かった
そのときの方がつらかった

 

 

ad85b1dd.jpg

港祭りで盛り上がっていた〜
日帰り 紋別⇒下川
30日(日) 早朝 下川⇒札幌へ
7名の方が参加
池間哲郎氏の講演会へ 札幌アパホテル
あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。


この本に出会い
そして講演会へ呼びかけて参加

国際交流や支援は正直あまり興味のある分野ではなかった・・・
地元、北海道、日本にもっと視野をむけるべきではないか?
とも感じていた

しかし、戦後日本の復興に多くの国々の支援があった実情がある
今、苦しんでいるアジア隣国の子供たちは、
両親への感謝の気持ちを持っていると言う
帽子を子供たちへ提供すると、次の日には被っていないと言う、
親へ差し出す、親、家族のことを考えて自ら売春の世界へ・・・
ガムをあげると、1枚のガムを10くらいに切り分けて、
仲間と一緒に食べる、
日本の子供は、親が生んだから大学まで行かせるのは当たり前!?
そういった考えは、間違っていないか?問題提起と
アジアの子供たちから得るモノはたくさんあると言っておられた

最後に、ボランティアとは!?
現状を把握すること
少し分け合う気持ち
一生懸命に生きること

皆さん、一生懸命生きていますか?
豊かな社会にあぐらをかいて生きていませんか?

 


 

大学院前期終了
レポート3つを大学へ郵送
本来は提出しなくてはいけないが・・・
無理だった 宮脇先生へメールで送信し、
原文は郵送した。
とにかく 書いて郵送した。
もっともっと時間がほしい

定数の関係、8/18日に特別委員会で議論
北竜に行き、8人へ確信を持った
もし10人でなくては議会運営の支障があると言うなら、
この3年間、それらを住民へ理解を求めた活動があっただろうか?(例 子ども議会企画 傍聴促進 委員会制度への理解)それなのに、議会への理解が薄い〜という議論は通らないと思う。
18日まで、住民の方と懇談を深めて行きたいと思う。

『てんつくマン』が札幌に来る↓

 日本青年会議所北海道地区協議会主催によります地域活力
    創造フォーラムが開催されます。

    日時/8月11日(金)午後6時〜8時50分
    場所/北海道立道民活動センター「かでる2・7」
    内容/基調講演「動けば変わる 耕せ!北海道」
        講師 映画監督 軌保博光 改め てんつくマン 氏
       パネルディスカッション
        小磯修二氏ほか3名
    URL:http://www3.ocn.ne.jp/~chikatu/framepageforam.htm


テレビでは 政務調査の不正利用 議会監視の甘さが指摘されていた〜 7名の議員で、車中それらの事を話しながら 26日当別町へ 路線バス廃止に伴い、1年間の研究期間で、乗合バスを今春から運行、今後はデマンド交通も進めたいとの事、いろいろな壁はあるが、住民の素朴な、交通に関する、感情、疑問を解決していく考え方、姿勢はとても参考になりました。

ドクター村上氏の講座とても良かったと参加者から連絡頂く〜参加できず残念!視察参加議員7名は、札幌へ〜車中、会食の場で様々なことが話題になる7名が持ってる情報ってすごい!勉強になる、 定数減らすのも?考えものか? しかし 情報や意見があっても 議論する場がないと意味がないし活かされない〜 現状は政治的な部分を現場職員に任せている?議会改革を進めて、議会から政策議論できるようにして行かなくては〜と思う。

25日26日27日 政務調査視察 当別コミュニティバス 奈井江 空知中部広域連合 北竜町議会などを7名の議員で役割を決めて視察へ 政務調査ひとり当たりの費用約4万円(夕食代、バス移動おちゃ代別)

バスターミナル研修室19:00〜 
参加者は少なかった・・・が中身は濃かった!
星澤先生 うどん売店 ポスター 料理コンテスト うどんマップ 音楽演奏 組織編成 収支予算 新企画について・・・
21:00すぎまで議論 

イベントが一部の人間が実行しており、
新しいイベントを起こすには、スクラップ→ビルドするか
新しい人材を発掘して行かなくてはいけない・・・

更に、会議に出席している人たちは、
仕事を終えてからの参加

議会特別委員会でも、下川のイベントについて協議したことがあったが・・・・ 評論家的な意見が多かった
もっと身軽に!?議会議員数名でイベントを手伝ったり
出来ないか?企画段階からお手伝い出来ないんだろうか?
一度、議会でうどん提供のブースを!と提案したが、議論になる前に却下だった
議会議員がイベントでごみの分別をしたり
そういったことも議会改革の一環だと思う

  

行われた 今年知り合い、お世話になった、議員の方が再選された。おめでとうございます。

ちなみに2007統一地方選の日程
町村長、町村議選4/17告示→4/22投票

議員は4年後に面接試験がある
ある方は、選挙期間 私に電話をくれたことがある、
何票くらいになった?
そのころ知っている人の名前だけで約150人
『それじゃだめだ!なにをしている』と言われた
そして当選して、数年経ち
自らが新しい支持者を〜をとアドバイスをくれた
初めて立起するときよりも、2期目の方が
町民に訴えやすいのかも知れない!?
4年間の活動がどうだったのか?
今後 どうしたいか?訴える
それに対して評価を受ける
そして結果を受け入れる

選挙は、その地域の民度を図るものかも知れない

23歳で移住して5年間下川に住み
28歳で選挙へ
地縁 血縁 なし お金なし
よそもの わかもの ばかもの
下川町民の方は、若いチャレンジャーに
チャンスをくれた
それだけでも、すごい地域だと思う

耕せニッポン
大変な日本財政だけど
ポジティブにがんばっている
わかもの達もいます〜
先日 テンツクマンと電話でお話をする機会を得ました〜
下川にもそういった光を・・・

 

このページのトップヘ