稼げる主夫

ライフワークバランス生活(妻・子ども2人の4人家族) 稼げる主夫を目指しています 南 邦彦 北大公共政策教育部公共政策大学院卒 1975年2月4日生まれ札幌市出身血液型B型 動物占い ゾウ

May 2006

デマンド交通 昨年 福島県での調査研究
下川・名寄・美深 政務調査費がある議員で共同調査研究

5/25(木) 福島大学奥山教授 20:06名寄入り 私が駅まで出迎え
下川の飲食店で 谷副議長 高原議員 NTT職員 4名で軽く会食
先生は五味温泉へ

26日(金)10:00〜 下川公民館 議会議員 職員対象に 奥山先生講演
午後からは 商工会 社会福祉協議会で講演
講演後 下川⇒美深町へ 私の車で移動
美深町に行き、岩崎議員へバトンタッチ

27(土)午前中 名寄議会議員対象に講演会
16:00〜 名寄市立大学にて 市民対象に講演会をしていただく

奥山先生、本当にお疲れ様でした!
ありがとうございます!

移動車中、内閣府と進めている政策等々について
聞かせていただくことが出来た
少ない財政は、知恵を出すことで解決していけるんじゃないだろうか?と
希望を感じた3日間だった

 

天気が良い 下川ハイヤーに行き ヒアリング
議会事務局へ行き、公共交通に関する 町長の答弁など
チェック 確認とうとう
明日の研究会の準備

天気が良いので、万里長城へ
売店の方と立ち話 情報交換
パークゴルフ場は盛況だった

帰り道 
あけぼの園の横を通ると、外壁が改修されていた・・・
少し立ち寄って見た
園では、誕生日会が開催されていた

ふるさと交流館も寄って行けばよかったなーと反省しながら、
今月中までに、仕上げなくてはいけない仕事へ打ち込む

20:06 福島から奥山先生 名寄着
私が出迎え 名寄→下川 みなみで食事
奥山先生 五味温泉へ

 

 

公共政策授業 レポートが出された!

Q1:公共政策が担うべき領域と考え方について論じてください
Q2:以下市長Aと職員Bの政策に関する議論を踏まえ、あなたはいかなる助言をしますか?あなたがアドバイザーCになったと想定して 助言1 助言2 助言3の内容 その理由を述べてください

A:最近の財政危機と人員削減で市の公共サービスは低下しているね。
B:職員も懸命にがんばっているのだから、市民には我慢してもらわないと
A:そうは言ってもこのままでは、地域は住みづらくなるだけだ
B:アドバイザーの先生、何か方法はないのですか?
C:助言1
A:職員も毎年度予算編成で本当に苦労している。良い政策を展開し、住民の満足度を高めようとしているのに、うまくいかない、先生、政策決定の考え方に何か変えなければいけない点でもあるのですか?
C:
助言2
B:これから、我々地方公務員が果たすべき役割は何ですか?
C:
助言3

10:30 授業終了
一路 下川へ 国道を通りながら 途中 岩見沢で知人に会う等々
ゆっくり帰町
16:00 役場4F 新公共交通システム打ち合わせ(谷副議長 高原議員 みなみ 駒井局長)

5月報酬 175.000円

所得税8.750円 共済掛金27.000円 議員会費4.000円 食事代650円
引去費40.400円 
差引支給額134.600円

 

公共政策大学院では・・・・
教授の授業の進め方について アンケートをとっている

昨年 評判が悪かった授業については かなり細かい設問があり、
こんなことまで 書くの〜って感じでした
大学も変わりつつあるんだな〜

 

発表 公共政策大学院と地域自治体への参加型研究について
発表 水道事業とコンサルと官民
院生2名がパワーポイントで問題提起
各院生 先生と講評
2年間の大学院生活 あっという間に過ぎ去ってしまうだろう
院生同士で協力して研究できる部分は早期に取り組みたい!
そうでなければ、卒業という資格のみで、運転免許教習場みたい
になってしまうだろう・・・
公共政策大学院2年目
早期に、こういった取り組みが出来 良かった!!!
懇親会が開催されたが・・・
仕事があり、欠席した
時間に余裕が無い
今は学生と一緒にお酒を飲んで夢を語っているよりも
実を取らなければ
早く時間に余裕がとれるようにと
仕事を進める


 

Q1 政策評価が必要となる理由について述べてください
Q2 市町A 職員B 政策評価に関する議論 アドバイザーCになり、助言しなさ 
   い、助言の理由を述べてください
A:わが市でも政策評価制度を導入しようと思う
B:制度を導入すれば、評価によって政策順位も決まり政策決定が楽になりますね
A:導入に向けて、まず何をすればよいかな
B:どこか先行している地方自治体を見に行きましょう
A:そのほかに庁内的に指示することはあるかな?
C:助言
A:それと先生、議会との関係はどう考えたらよいかね。
C:
助言
A:それと評価の仕組みには市民も入って欲しいな
C:
助言

ほかに 技術政策 リーダーシップ論 レポート
リーダーシップ論 社会福祉政策 発表
1つの授業(90分)を受けるのに、約2.000円
学生時代の時は、適当に単位を取れたら 見たいな感じで受講していたが、
議員+会社経営+大学院 すべて真剣に取り組まないと 単位も落としてしまうし、お金もキツイ

9:00 商工会集合
商工会青年部で出店
荷物を積んで9:30〜準備
缶ジュースの販売 イベント2つ
ジュースの販売 そしてイベントの受け付けを担当する
議員のメンバーも、それぞれの仲間と参加をしていた

お腹が空いたので、飲食店組合のうどんを頂いていると
名寄のFM取材に来ていた
デマンドのイベントPRを再度お願い!

イベント
ビンゴゲームに参加するが、ハズレ
あとかたつけをして、谷副議長の車庫で なおらい
焼肉を楽しむ
役場職員の方が、行者にんにくを持って来てくれた!

福祉政策などについて話す
18:00 解散
20:00 下川⇒札幌へ


 

先日 山びこ学園へ行き 2周年記念誌を頂いた!
名寄新聞に掲載をされており、興味を持ったので 臨時議会の時に、園長にお話をして1部頂く 約束をしていた・・・
学園に行くと職員の方々が、いろいろと冊子をつくる過程の苦労話など教えてくれた、たしかに10周年記念誌から比べてお金はかかったいないが・・・
いろいろとPCを駆使して 苦労をされたと思われる部分が・・・
プロジェクトメンバーを構成して、みんなでつくりあげたそうだ
紹介を笑会と表現していたり・・・・ 

園の状況や
デマンド交通の宣伝
一の橋と市街地を結ぶ交通状況などについてヒアリング等々・・・・・
お話を聞かせて頂いた・・・

 

このページのトップヘ